« 舞鶴の讃岐うどん。 | Main | ニセちび太。 »

December 25, 2008

半端な読書。

2008_12_25twi


ベトナム戦争で戦死した北の方の軍医(女医)さんの日記。
ある書評で非常に誉めてあったので図書館で借りてみましたが
廻りの人間がどんどん傷つき、限りなく死んでいきます。
思想的に、北のアレで固まっているのでちょっと飽きてしまいますが・・・
しかし、この時代、こっちはボ~っと暮らしていたんですよね。
開高健が書いていましたが、アメリカが南に武器を供与すると
南の兵はそれを北の兵にこっそりと売ってお金に換える。
結果的にアメリカ兵は自国の武器で撃たれて死ぬんだそうです。
巧妙な落とし穴が掘られており、最新の兵器を持ったアメリカ兵は
穴にズボっと落ちると穴の底に立ててある鋭利な断面の竹で串刺しになる。
ただ、竹の先っぽにはウンコが塗ってあったそうです。
アメリカ兵はこれがもの凄い恐怖だったそうな。
ウンコが塗ってある竹に刺されて死ぬ・・・俺たちが・・・。

従軍を拒否したアメリカ人が偉いのか。
ちゃんと戦争に行って気が狂ってしまう人が偉いのか。

それにしても枯れ葉剤に、ご丁寧にダイオキシンまで混ぜてあったなんて・・・。

|

« 舞鶴の讃岐うどん。 | Main | ニセちび太。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 舞鶴の讃岐うどん。 | Main | ニセちび太。 »